一圓屋敷・多賀「里の駅」


一圓家は江戸時代の庄屋で、屋敷は安政4年(1857)に建てられたとされ、平成20年に所有者の一圓六郎氏よりNPO法人彦根景観フォーラムに譲渡された。現在は同団体と、地元住民らで組織の多賀クラブとが結成した団体「多賀『里の駅』」が地元の町おこしの拠点として活用している。敷地1,678㎡、建物面積が約560㎡。3つの蔵がある。

「目に見えないモノを見ることができるかもしれない旅」のメインイベントの食談。多賀クラブの皆さんが作ってくださるジビエ料理をいただきながら、一圓屋敷で小泉凡先生のお話を聞く。小泉八雲が愛した出雲古代の神々と、多賀の神々。
現世(うつしよ)と幽世(かくりよ)の狭間、Don't think ..... Just FEEL IT!





LinkIcon一圓家年表
LinkIcon多賀「里の駅」の4年間


 

一圓家年表

寛文 1661年 初代 高重 江戸時代はじめに初代(1672年没)
    2代 高義 杢太夫(もくだゆう)を世襲(1705年没)
正徳 1711年 3代 高次(友之助)(1758年没)
宝暦
1751年

4代 秀綱(弥惣八)(1795年没)

寛政 1789年 5代 秀経 (杢太夫)(1793年没)
享和 1801年 6代 秀成 (弥惣八)(1808年没)
文化 1804年 7代 秀房 (杢太夫)「庄屋」の初見(1829年没)
天保 1830年

8代 有秀 (杢太夫)「庄屋」の初見(1881年没)
安政4年1月、現在の場所で屋敷の普請開始。5月11日、井伊直弼の領内巡見。 

明治 1868年 9代 秀延 (弥太郎)(1891年没)
 

10代 秀褒 (杢太夫)
明治14年生、26才で郡会議員。その後、大正期まで行政委員を歴任。 醒井村より国会議員であった江龍清雄(えりゅうすがお)の二女が嫁入り。明治政府の重鎮であった東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)との交流。東久世は一圓屋敷1階次の間に掲げられた扁額「対山軒」の筆者。明治24年、屋敷は茅葺きから瓦葺きへ。2階の増築。明治34年~40年頃、日本画家の内海吉堂(うつみきちどう)が滞在し、衝立や戸棚などに絵を描く。

昭和 1926年 11代 菊太郎 
    12代 六郎 現当主 

※一圓家譜面・滋賀大学経済学部附属史料館「一圓六郎家文書」約650点より、母利美和(京都女子大学教授)が調査。
※屋敷の普請についは、濱崎一志(滋賀県立大学教授)が調査。
※屋敷の絵画については、上野良信(滋賀県立琵琶湖文化館学芸員)が調査。
※名前は私的な名のり。(  )は公式な通称。



 

多賀「里の駅」の4年間

所有: NPO法人彦根景観フォーラム
運営: 多賀クラブ

平成19年 2007年 3月15日 12代一圓六郎氏より敷地・屋敷寄付の申し出

 

6月30日

NPO法人彦根景観フォーラム総会で受け入れの決定
平成20年 2008年 8月~3月

200年住宅助成事業(国土交通省)に採択


 

9月1日

多賀クラブ(多賀を元気にする有志の会)設立

  9月11日 所有権移転完了(一圓千鶴・淑両氏からNPO法人彦根景観フォーラムへ) 

  9月28日 第1回シンポジウム「多賀里の駅の目指すもの」

  11月1日 《野菜市&集い》開始(第1回)

  11月1日,12月6日,12月29日 実測調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    12月6日 《野菜市&集い》(第2回)
    12月25日~27日 古文書調査(京都女子大学母利研究室)
平成21年 2009年 1月7日 実測調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    1月10日~12月5日 《野菜市&集い》第3回~第14回(毎月第1土曜日に開催)
    5月20日 そば打ち体験(以後毎月20日に開催。農繁期は休み)
    7月~3月 地方の元気再生事業(国土交通省)に採択
    9月2日~9月4日 調度品調査(滋賀県立大学市川研究室、亀井研究室)
    9月5日 絵画調査(滋賀県立琵琶湖文化館)、美術工芸調査(滋賀県文化財保護課)
    9月4日~9月19日 建物調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    9月18日~10月5日 絵葉書調査(滋賀県立細馬研究室)
    10月3日 《野菜市&集い》第12回(滋賀大学山崎研究室)
平成22年 2010年 1月9日~12月4日 《野菜市&集い》第15回~第26回(毎月第1土曜日に開催)
    1月20日 そば打ち体験(以後毎月20日に開催。農繁期は休み)
    10月.31日~11月3日 湖東自立圏地域創造事業に採択。「一圓屋敷の屏風たち」企画展示
農家レストランプチOPEN
平成23年 2011年 1月8日~10月1日 《野菜市&集い》第27回~第36回(毎月第1土曜日に開催)
    1月20日 そば打ち体験(以後7月20日まで毎月20日開催。農繁期は休み)
    3月26日 MOHの会(安心安全な食を考える会)主催事業に屋敷と料理の提供
    7月16日 NPO法人彦根景観フォーラム総会で多賀町への寄付決定
    10月29日、30日、11月3日
湖東自立圏地域創造事業に採択。「古の道具展」企画展示和・カフェ(蕎麦ランチ、和スイーツ)

《集い》に出演して頂いた方々
(出演当時の役職)濱崎一志さん(滋賀県立大学教授)/(株)ふるさと総研の玉田さんとみなさん / 森小夜子さん(多賀植物観察の会)/加藤武さん(東びわこ農業共同組合多賀営農センター)/澤田典子さん(澤田製麩所)/滝喜代子さん(もと多賀小学校栄養士・学校給食担当)/山崎一眞さん(滋賀大学産業共同研究センター教授)/高橋進さん(ダイニックアストロパーク天究館館長)/ 細馬宏通さん(滋賀県立大学教授)/ 番場ふるさと味の会のみなさん/市川秀之さん(滋賀県立大学准教授)/ 滋賀雅楽会のみなさん /島野喜道さん(滋賀YMCA)/栗本泉さん(K農園・多賀クラブ)/ 山本豪一さん(和泉流狂言師 )/ 山本明美さん(多賀町商工会女性部長)/松宮忠夫さん(多賀町教育委員会教育長)/母利美和さん(京都女子大学教授)/一円重紀さん(手づくり紙芝居「ぴょんた」会員)/エコーメモリアル・チェンバーオーケストラのみなさん /中川信子さん(多賀植物観察の会代表・多賀クラブ)/ 小早川隆さん(多賀町立博物館館長)/宮戸有子さん(多賀在住のピアノ講師)/ 平松光三さん(彦根自然観察の会会長)/亀井若菜さん(滋賀県立大学准教授)/ 羽原仁志さん(妖怪研究家)