多賀大社 御日供祭とご祈祷・古事記を学ぶ!

多賀大社は、伊邪那岐命(イザナギ)・伊邪那美命(イザナミ)の2柱を祀り、「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社。日本最古の書物「古事記」によると、この両神は神代の昔に、我国の国土、続いて天照大神をはじめとする八百万(やおよろず)の神々をお産みになった。「お伊勢参らばお多賀に参れお伊勢お多賀の子でござる。お伊勢七度 熊野へ三度、お多賀さまには月参り」と古くから謡われ、延命長寿、縁結び、厄除けの霊神として信仰を集めている。

多賀大社のお使いは「烏」?『多賀大社由緒畧記』には『祭りの前に必ず、本殿の脇に据えられた先喰台(せんじきだい)と呼ばれる木の台に神饌の米をお供えする。烏が飛んできて、神饌に穢れがないとこれを啄ばむ。古くは、もし烏が啄ばまない場合は、改めて神饌を造り直したという』と記されている。安土桃山時代の曼荼羅にも先食台と先喰烏が描かれているという。
 今でこそ、カラスは不吉な存在として語られることが多いがかつては、カラスは信仰の対象であった。日本では、ミサキ神的な役割を担う存在として登場する。ミサキ神とは、物事の吉凶に先んじて起こる現象のことで、特に、カラスは、吉事の前触れを指す存在として知られている。
 記紀神話に登場する八咫烏(やたがらす)は、神武東征の際、熊野の山で先に立ち、松明を掲げ大和へ先導したといわれている。八咫烏は勝利を導く神であり、今では日本サッカー協会のシンボルマークにも描かれている。将来の光明を告げる存在としての烏は、ミサキ神的な性質を持っているわけだ。

写真は、先喰台(せんじきだい)




神前への御供を、先にカラスに食べさせるという神事は、一般的に「御烏喰神事(おとぐいししんじ)」と呼ばれ、愛知県の熱田神宮の摂社である御田神社(みたじんじゃ)では、「烏喰の儀(おとぐいのぎ)」が、広島県の厳島神社では、「御烏喰式(おとぐいしき)」として行われている。
 興味深いのは、先喰台が存在するのは、日本で唯一多賀大社だけである。更に、先喰烏が現れなかった場合、『多賀大社由緒畧記』には、神饌を造り直したとあるが、神饌を造り直すのではなく、摂社の調宮神社(ととのみやじんじゃ)に持っていき、同じ神事をし、それでも現れない場合、杉坂峠神木の三本杉まで持っていった時代もあったという。このルートは、多賀大社の祭神である伊邪那岐命降臨を逆に辿っている。
 国生みを行った伊邪那岐命は、多くの神を生んだ後、息子神である須佐之男命の横暴ぶりに愛想を尽かし、高天原から地上へ降りてきた。その時、伊邪那岐命は、まず、三本杉に降り立ち、山道を下っていたが、栗栖(くるす)の辺りで体調を崩し「苦しい」と漏らした。これが来栖の地名となった。そして、体調を調えるため一休みしたのが調宮神社である。その後、多賀大社の場所に落ち着いたとされている。まるで、何かに導かれるように、安住の地に辿り着いたのだ。

 

「大瀧神社」。稲依別王(いなよりわけのみこと)と妖怪と戦った小石丸

 大瀧神社(犬上郡多賀町富之尾)は「滝の宮」とも言われ、犬上ダムができるまでは、多賀大社の曼荼羅にも描かれているよに落差のある滝があった。現在も清流は、奇岩怪岩の間を約10メートルの落差を流れ落ち、「大蛇ヶ淵」と呼ばれる景勝地となっている。
 神社から下流に向かって500メートルほどの遊歩道がある。木々と川の流れの変化を楽しみながら歩くことができる。川の対岸に小さな祠があり、稲依別王(いなよりわけのみこと)祀っている。


 稲依別王( いなよりわけのみこ)
 「犬上」の地名の元になったと考えられる説は三つある。
一説は、稲依別王は日本武尊(ヤマトタケル)の一の王子で、農桑の業を民にすすめ、「稲神」と崇められた。「稲神」がなまり「犬上」となった。
もう一説は、遣隋使・遣唐使として知れられる犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)の一族。犬上氏は犬上郡発祥の豪族で、稲依別王の後裔にあたる。
 そして、大瀧神社に伝わる最も有名なは話である。『その昔、稲依別王が狩に出て昼寝をしていると、大蛇が現れ頭上から狙おうとした。連れていた犬(小石丸)が主人を守ろうと吠えたので、稲依別王は目を覚ますが、小石丸が猛然と吠え続けるあまり、太刀で犬の首をはねてしまった。その首は大蛇の頭に噛みつき、そのまま一緒に川に落ち、大蛇は死んだ。稲依別王は命を守ってくれた忠犬の首をはねたことを悔やみ、この地に弔いの松の木を植えた。それが犬胴松である』。
 しかし実は、源頼朝が関係し、妖怪「川古母血(かわこもち)」登場する話があった……。
さて、この話はツアー当日に!!!

 

芸事の上達を祈願する!千代神社

 『古事記』に素戔鳴尊(すさのおのみこと)の行動に耐えかねた天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸に隠れ、世界が闇につつまれた「岩戸隠れ」の話がある。この時、岩戸の前で舞をまって天照大御神を無事に呼び戻したのが『天宇受売命(あめのうずめのみこと)』。現在、天宇受売命は、俳優の始祖、芸能の祖神と仰がれ、崇敬の篤い神様として知られ、主祭神として祭っているのは全国でも千代神社だけという。元々は多賀大社の末社だった千代神社は、天正13年、石田三成が佐和山城を築く時に、姫袋の地より彦根山麓の尾末の地に移したが、慶長6年、彦根城藩主井伊直政が徳川家康の命により、彦根城を築くに当り、旧社地の古沢町姫袋の地に復祀した。もとは「千代之宮」といい、明治2年「千代神社」と改めた。本殿は、国重要文化財。



 

一圓屋敷・多賀「里の駅」




一圓家は江戸時代の庄屋で、屋敷は安政4年(1857)に建てられたとされ、平成20年に所有者の一圓六郎氏よりNPO法人彦根景観フォーラムに譲渡された。現在は同団体と、地元住民らで組織の多賀クラブとが結成した団体「多賀『里の駅』」が地元の町おこしの拠点として活用している。敷地1,678㎡、建物面積が約560㎡。3つの蔵がある。

「目に見えないモノを見ることができるかもしれない旅」のメインイベントの食談。小泉凡教授の「ラフカディオ ハーンと『古事記』」のお話を聞く。


LinkIcon一圓家年表
LinkIcon多賀「里の駅」の4年間


 

一圓家年表

寛文 1661年頃 初代 高重 江戸時代はじめに初代(1672年没)
    2代 高義 杢太夫(もくだゆう)を世襲(1705年没)
正徳 1711年頃 3代 高次(友之助)(1758年没)
宝暦
1751年頃

4代 秀綱(弥惣八)(1795年没)

寛政 1789年頃 5代 秀経 (杢太夫)(1793年没)
享和 1801年頃 6代 秀成 (弥惣八)(1808年没)
文化 1804年頃 7代 秀房 (杢太夫)「庄屋」の初見(1829年没)
天保 1830年頃

8代 有秀 (杢太夫)「庄屋」の初見(1881年没)
安政4年1月、現在の場所で屋敷の普請開始。5月11日、井伊直弼の領内巡見。 

明治 1868年頃 9代 秀延 (弥太郎)(1891年没)
 

10代 秀褒 (杢太夫)
明治14年生、26才で郡会議員。その後、大正期まで行政委員を歴任。 醒井村より国会議員であった江龍清雄(えりゅうすがお)の二女が嫁入り。明治政府の重鎮であった東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)との交流。東久世は一圓屋敷1階次の間に掲げられた扁額「対山軒」の筆者。明治24年、屋敷は茅葺きから瓦葺きへ。2階の増築。明治34年~40年頃、日本画家の内海吉堂(うつみきちどう)が滞在し、衝立や戸棚などに絵を描く。

昭和 1926年頃 11代 菊太郎 
    12代 六郎 現当主 

※一圓家譜面・滋賀大学経済学部附属史料館「一圓六郎家文書」約650点より、母利美和(京都女子大学教授)が調査。
※屋敷の普請についは、濱崎一志(滋賀県立大学教授)が調査。
※屋敷の絵画については、上野良信(滋賀県立琵琶湖文化館学芸員)が調査。
※名前は私的な名のり。(  )は公式な通称。




 

多賀「里の駅」の4年間

所有: NPO法人彦根景観フォーラム
運営: 多賀クラブ

平成19年 2007年 3月15日 12代一圓六郎氏より敷地・屋敷寄付の申し出

 

6月30日

NPO法人彦根景観フォーラム総会で受け入れの決定
平成20年 2008年 8月~3月

200年住宅助成事業(国土交通省)に採択


 

9月1日

多賀クラブ(多賀を元気にする有志の会)設立

  9月11日 所有権移転完了(一圓千鶴・淑両氏からNPO法人彦根景観フォーラムへ) 

  9月28日 第1回シンポジウム「多賀里の駅の目指すもの」

  11月1日 《野菜市&集い》開始(第1回)

  11月1日,12月6日,12月29日 実測調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    12月6日 《野菜市&集い》(第2回)
    12月25日~27日 古文書調査(京都女子大学母利研究室)
平成21年 2009年 1月7日 実測調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    1月10日~12月5日 《野菜市&集い》第3回~第14回(毎月第1土曜日に開催)
    5月20日 そば打ち体験(以後毎月20日に開催。農繁期は休み)
    7月~3月 地方の元気再生事業(国土交通省)に採択
    9月2日~9月4日 調度品調査(滋賀県立大学市川研究室、亀井研究室)
    9月5日 絵画調査(滋賀県立琵琶湖文化館)、美術工芸調査(滋賀県文化財保護課)
    9月4日~9月19日 建物調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    9月18日~10月5日 絵葉書調査(滋賀県立細馬研究室)
    10月3日 《野菜市&集い》第12回(滋賀大学山崎研究室)
平成22年 2010年 1月9日~12月4日 《野菜市&集い》第15回~第26回(毎月第1土曜日に開催)
    1月20日 そば打ち体験(以後毎月20日に開催。農繁期は休み)
    10月.31日~11月3日 湖東自立圏地域創造事業に採択。「一圓屋敷の屏風たち」企画展示
農家レストランプチOPEN
平成23年 2011年 1月8日~10月1日 《野菜市&集い》第27回~第36回(毎月第1土曜日に開催)
    1月20日 そば打ち体験(以後7月20日まで毎月20日開催。農繁期は休み)
    3月26日 MOHの会(安心安全な食を考える会)主催事業に屋敷と料理の提供
    7月16日 NPO法人彦根景観フォーラム総会で多賀町への寄付決定
    10月29日、30日、11月3日
湖東自立圏地域創造事業に採択。「古の道具展」企画展示和・カフェ(蕎麦ランチ、和スイーツ)

《集い》に出演して頂いた方々
(出演当時の役職)濱崎一志さん(滋賀県立大学教授)/(株)ふるさと総研の玉田さんとみなさん / 森小夜子さん(多賀植物観察の会)/加藤武さん(東びわこ農業共同組合多賀営農センター)/澤田典子さん(澤田製麩所)/滝喜代子さん(もと多賀小学校栄養士・学校給食担当)/山崎一眞さん(滋賀大学産業共同研究センター教授)/高橋進さん(ダイニックアストロパーク天究館館長)/ 細馬宏通さん(滋賀県立大学教授)/ 番場ふるさと味の会のみなさん/市川秀之さん(滋賀県立大学准教授)/ 滋賀雅楽会のみなさん /島野喜道さん(滋賀YMCA)/栗本泉さん(K農園・多賀クラブ)/ 山本豪一さん(和泉流狂言師 )/ 山本明美さん(多賀町商工会女性部長)/松宮忠夫さん(多賀町教育委員会教育長)/母利美和さん(京都女子大学教授)/一円重紀さん(手づくり紙芝居「ぴょんた」会員)/エコーメモリアル・チェンバーオーケストラのみなさん /中川信子さん(多賀植物観察の会代表・多賀クラブ)/ 小早川隆さん(多賀町立博物館館長)/宮戸有子さん(多賀在住のピアノ講師)/ 平松光三さん(彦根自然観察の会会長)/亀井若菜さん(滋賀県立大学准教授)/ 羽原仁志さん(妖怪研究家)


過去のツアー