狐塚と璞蔵主(ハクゾウス)

 甲良町正楽寺の古刹・勝楽寺は、いかなる権威にもとらわれない自由奔放な思想…「婆娑羅」の典型として知られる佐々木道誉(1296~1373)の菩提寺だ。道誉は、坂田郡山東町(現米原市)に生まれ、41歳の時、勝楽寺に移り住み勝楽寺城を築き、拠点とした。茶道、華道、能楽、連歌などを奥深く極め、能楽や狂言の保護と育成に力をそそいだ文化人でもあった。
 背後の山は勝楽寺城趾である。登山道が整備され、往復2時間といったところだろうか。「狐塚」へはハイキングコースを20分ばかり歩いたところにあり、人間に化けた白狐の話が伝わる。

 『むかし、勝楽寺に璞蔵主という住職がいた。その弟の金左衛門が狩りで動物を殺していることに心を痛めていた住職は、日々、弟に命の尊さを説いていたが、金左衛門はそれを聞き入れようとしなかった。ある日、住職が留守のときに一匹の白狐が璞蔵主に化けて、「殺生をする罰が当たるぞ」と金左衛門を叱った。しかし、正体を見破った金左衛門は、白狐を柱につるして殺してしまう。後にそのことを知った璞蔵主は弟を諭し、反省した金左衛門は、以来狩りをやめ、正楽寺山中に塚を立てて白狐を長くとむらったという。
 この話を元に狂言の「釣狐」が生まれたといわれている。狂言の世界は、猿に始まり狐で終わるといわれているが、この「釣狐」こそ最高の演技を要する演目なのである。今でも、茂山家による狂言の公演が定期的におこなわれているそうで、古くから伝統芸能に力を入れてきた勝楽寺ならではの伝説だと思う。

 江戸時代後期に出版された画集『絵本百物語』の冒頭に「白蔵主」という妖怪が取り上げられている。舞台が甲斐の国(山梨県)となっており、ハクの字も違うなど、細かい差異はあるが、話の筋はほぼ甲良町のそれと同じである。その本によると、「この狂言の流布に合わせて、狐が法師に化けること、または法師が狐のような獣と同じ振る舞いをすることを白蔵主と言い古してきた」とある。現代でこそ聞きなれないが、〈ハクゾウス〉という言葉はかなり一般的に知れ渡っていたようだ。
 この昔話で気になるのは、日ごろから殺生をするなと言われていたのを無視して狩猟で生計を立てていた者が、狐を一匹殺めたことを咎められて態度を改めるだろうかという点である。これは推論でしかないのだけれど、説教をする兄にうんざりした弟が、その正体は狐ではないかと邪推してしまい、手にかけてしまった事実があったのではないだろうか。しかし、文字通り狐が尻尾を出すこともなく、その罪の重さに気づいた弟は動物たちの罰が当たったと悔い改めたのではないか—。

勝楽寺に伝わる璞蔵主伝承
勝楽寺に伝わる璞蔵主の物語


 昔の人たちは、自分たちと動物が暮らす世界に明確な境界を設け、捕りすぎなどで山が荒れてしまわないように見守ってきた。その禁を破って過剰に干渉してしまえば、自然のバランスが崩れてしまうことを知っていたのだ。この話にはかつての人たちの生活から生まれた智恵とメッセージが込められている気がしてならない。』(DADA Journal No.378.2005年)

*『【図説】日本妖怪大全』 (水木しげる・講談社+α文庫)によると、白蔵主( ハクゾウス)」という妖怪は『昔、甲斐(山梨県)は夢山の麓』を舞台として語られ、多少の差異はあるが、話の筋はほぼ甲良町のそれと同じである。甲斐の物語では、狐は白蔵主を食い殺し、白蔵主としてその後50年を生きたという。『このあと、狐が法師に化けること、また、法師で狐に似た行いをするもののことをも「白蔵主」というようになった』とある。


*勝楽寺の「ハクゾウス」は「璞蔵主」と記し、「璞」の漢字をあてる。「璞」は「その真価や完成された姿をまだ発揮していないこと」という意味がある。

 

勝楽寺

 足利尊氏とともに室町幕府創建に活躍し、その豪放無比な言動から婆裟羅(ばさら)大名と呼ばれた佐々木道誉(京極導誉 1296-1373)が建立した臨済宗建仁寺派の寺院で、開山は雲海(うんかい)和尚。
 境内には大池があり、勝楽寺が兵火にみまわれた際には、この池のおかげで六脚門・大日堂・大日如来像などが焼失から免れた。特に道誉の念持(ねんじ)仏といわれる本尊の大日如来像は、藤原時代の作といわれる秘仏で、その秀麗な姿は際立っており、国指定の重要文化財になっている。
 また、六脚門は室町時代の建築様式をよく残し、町指定の文化財。境内横には兵火と風化による損傷が目立つ宝篋印塔がある。(参考:滋賀県観光情報


 

蓮華寺(米原市)

聖徳太子によって開かれた寺と伝えられ、当初は寺号を法隆寺と称したが、建治2年(1276年)落雷により焼失した。弘安7年(1284年)当地の地頭で鎌刃城主土肥元頼が、良忠の弟子とされる一向を招いて寺を再建し、八葉山蓮華寺と号した。
 南北朝時代、足利尊氏の寝返りにあって鎌倉へ落ち延びる途中、京極道誉に阻まれて進退極まった北条仲時以下432人が自刃。流れ出た鮮血で、辺りは川と化したと言われている。仲時28歳ほか、6歳の子供から60歳の高齢者に至るまでの名を記した過去帳は、国の重要文化財に指定され、寺の裏には彼らの墓が寄りそうように並んでいる。
 また、蓮華寺は長谷川伸の戯曲「瞼の母」の主人公「番場の忠太郎」で知られ、番場の忠太郎の故郷として、境内に忠太郎地蔵や碑が立てられている。

 ツアーでは、蓮華寺本堂で旭堂南海師の講談『番場の忠太郎』を聞く予定である。
<重文>銅鐘 紙本墨書陸波羅南北過去帳 絹本著色一向上人像

『あまり知られてはいないが、蓮華寺は近世の歌聖とうたわれる斎藤茂吉縁の寺で、立派な勅使門を横に境内に入る。江戸時代初期、後水尾天皇宸筆の寺号額が掲げられた本堂のすぐ横に、岩に刻まれた歌碑がある。

 松風の音聞くときは古への
     聖の如く我は寂しむ

 斎藤茂吉は、近代の歌壇を牽引し、アララギ派の中心的人物で、出身は山形県。何故、蓮華寺に歌碑が残されているのだろう……。
 蓮華寺の執事をしておられる中川信幸さん(81)に尋ねた。
「蓮華寺は、かつて時宗一向派大本山である道場でした。飛鳥時代の聖徳太子が建立したという伝承もありまして、当初は法隆寺と呼ばれていたようです。」
 境内には、斎藤茂吉の歌碑とちょうど向かいに「聖徳太子叡願の梅の木」が植えられている。叡願とは、すばらしさにこころを動かされるという意味だという。
「大本山というのは、そこに住み続ける住職を置かず、末寺から選らばれた人が貫主を務めます。今から5代前の貫主に佐原窿応(りゅうおう)和尚という人がおられました。斎藤茂吉さんの生家の隣にある宝泉寺からこの蓮華寺へ入山してこられた方でした。」

 宝泉寺は山形県上山市にある一向派の下寺である。窿応和尚という人は、聡明な人だったらしく、寺に近隣の子どもなどを集めて、手習いを教えていたらしい。斎藤茂吉もその内の一人だった。
 窿応和尚が本山の貫主になるため、蓮華寺にやってくるのにあわせ、斎藤茂吉も蓮華寺を訪ね、師との旧交を温めたのだという。交流は、窿応和尚がなくなるまで続き、計4度、寺を訪れた斎藤茂吉は、ここで28首の歌を詠んでいる。歌碑に刻まれた歌は、その代表作というわけだ。
 歌の意味を中川さんに伺った。
「当寺は、南北朝の動乱で都を追われた北条仲時らがここで進退窮まり、430余名が自刃した場所として、歴史的にも有名です。当時、仲時らの悲運を悼んだ住職が、その菩提を弔いました。斎藤茂吉さんも、その住職の気持ちになってお詠みになったそうです。」
 歌の中にあった「古への聖の如く」とはそういった意味だった。
斎藤茂吉も、この壮絶な最期を物語る歴史に、心を動かされたのだろう。今も仲時らの墓が境内に残されている。
「以前は、斎藤茂吉さんにちなんだ歌会などを寺で開くこともありましたが、最近では、寺のことをご存知ない人も多いのではないでしょうか。是非、一度、深い歴史に直に触れて、斎藤茂吉さんの視点を感じてもらえればと思っています。」
 斎藤茂吉は、生涯で約18000首の歌を詠んだ。彼が属したアララギ派は、写実的で生活に密着した歌風が特徴とされ、近代的な人間の深層心理に迫る作品が多いといわれる。
「松風に音聞くときは」と詠んだ斎藤茂吉が感じた空気を、今も蓮華寺の境内に感じることができる。僕らは何故、史跡を訪ねるのか。茂吉と同じ場所に立とうとしたのか。それは何時も何かを新たに組み換えるための作業に似ている。』(DADA Journal No.435.2008年)


 

大通寺(長浜市)

 真宗大谷派(東本願寺)の別院。正式には無礙智山(むげちざん)大通寺という。本願寺12世の教如上人が、湖北門徒に仏法を説き広めるための道場を、旧長浜城内に開いたのが始まりで、長浜御堂と呼ばれていた。彦根藩主井伊直孝から寺地の寄進を受けて現在地に移り、本堂はじめ境内の建物がつくられていった。山門が完成したのは天保10年(1839)のことである。
 伏見桃山城の遺構と伝わる本堂や大広間、長浜城の追手門を移築した脇門(薬医門)など、建造物の多くが、国あるいは市の重要文化財であり、南北朝時代の銘を刻んだ梵鐘は県指定の文化財となっている。客室(含山軒、蘭亭)内部の障壁は、狩野山楽・山雪、円山応挙(伝)によって描かれており、庭園は国の名勝に指定されている。

 山門は二重の屋根がある重厚なつくりになっていて、左右の山廊に階段がある。2階は板張りで、釈迦如来を真ん中に弥勒菩薩と阿難尊者の像が安置されている。山門に像を置くのはもともと禅宗の建築様式だが、江戸時代になると宗派を超えて広まっていったようだ。
 ちなみに大通寺の山門は東本願寺の山門を模したもので、東本願寺の上層にも同じ組み合わせの釈迦三尊像が安置されているという。

お花きつね

大通寺には「お花」という名前の狐が住んでいたと伝わっている。

■むかしから、長浜御坊(長浜別院大通寺)の大広間の天井に、お花というキツネが住んでいると言われています。ここには、梯子(はしご)がかけてあり、毎日この梯子を登って油揚げを供える人が、後を絶たない言うことです。
 このキツネの話は、長浜御坊の移転問題のときから始まります。江戸時代の初めごろには、御坊は長浜城跡にありました。
 ところが、この御坊をもっと賑やかな町の中へ移そうとする運動がおこりましたが、賛成派と反対派との間で意見が鋭く対立して、結論が出ませんでした。そこで両派は、本山(東本願寺)の宣如上人に決めていただこうということになりました。賛成派は舟で京都へと向かました。一方、反対派の人たちは陸路を京都へ上ることになりました。
 反対派の人たちが野洲まで来ますと、そこに一軒の茶店があり、お花さんというかわいらしい娘が働いていました。お花さんはやさしく接待をしてくれましたので、みんなはお花さんが気に入り、お酒を飲んで酔いつぶれてしまいました。そこで、やむなく茶店で泊まることになりました。ところが、次の日、茶店を発ち、野洲川へさしかかると、川は大水で渡ることができません。仕方なく水が引くのを待つこと五日、ようやく川を渡ることができました。人々は、京都へ急ぎましたが、ちょうどそのとき、移転派の人々が上人のご裁可をいただいて、下山してくるところへ、ばったりと出会いました。後から出発したはずの者が先に着いているとは、不思議なこともあるものだなと思いましたが、移転のご裁可の後なので、どうすることもできません。
 がっかりした反対派の人々はもと来た道を引き返しました。野洲川のほとりまで来て、
「お花さんの茶店で一杯飲んで帰ろう」
ということになり、茶店のあったところへ来てみると、これはいかに、あの茶店は跡かたもありません。お花さんももちろんいませんでした。
不思議に思って村人にたずねてみると、
「そんな茶店なんてはじめからありませんよ」
とのこと。
 反対派の人たちはキツネにつままれたように顔と顔を見合わせました。そして、
「城内のキツネが移転に賛成なら仕方がないな」と話し合って長浜へ帰ったそうです。
「長浜のむかし話」長浜市老人クラブ連合会


■町内の子どもが“おはな”ぎつねを縛って苦しめたことがあった。ところが翌日その子どもがお廣間の柱にくくられて泣いていた。二三回も続き、御住職(第五代横超院殿)の耳に達したので
 急ぎ去れ 彼も親あり 花狐
の句をその柱に貼らしめられたので、その仕業は止んだと伝えられる。

■当院の法要の際、山門前 木文店(呉服店)で御坊通帳によって手拭十本を買ったものがあったが、買主がわからないので不思議がられていたところ、結願の行列の後部にその手拭を被った女姿を十人ばかり見つけ、さては“おはな”の一族が御法要に参堂したものとわかって皆々感動した。
 彰如(句仏)上人の句に
   降りもせで お花狐の 春の宵
   風呂ふきや お花狐の 女房講

 

一圓屋敷・多賀「里の駅」

一圓家は江戸時代の庄屋で、屋敷は安政4年(1857)に建てられたとされ、平成20年に所有者の一圓六郎氏よりNPO法人彦根景観フォーラムに譲渡された。現在は同団体と、地元住民らで組織の多賀クラブとが結成した団体「多賀『里の駅』」が地元の町おこしの拠点として活用している。敷地1,678㎡、建物面積が約560㎡。3つの蔵がある。


LinkIcon一圓家年表
LinkIcon多賀「里の駅」の4年間


 

一圓家年表

寛文 1661年頃 初代 高重 江戸時代はじめに初代(1672年没)
    2代 高義 杢太夫(もくだゆう)を世襲(1705年没)
正徳 1711年頃 3代 高次(友之助)(1758年没)
宝暦
1751年頃

4代 秀綱(弥惣八)(1795年没)

寛政 1789年頃 5代 秀経 (杢太夫)(1793年没)
享和 1801年頃 6代 秀成 (弥惣八)(1808年没)
文化 1804年頃 7代 秀房 (杢太夫)「庄屋」の初見(1829年没)
天保 1830年頃

8代 有秀 (杢太夫)「庄屋」の初見(1881年没)
安政4年1月、現在の場所で屋敷の普請開始。5月11日、井伊直弼の領内巡見。 

明治 1868年頃 9代 秀延 (弥太郎)(1891年没)
 

10代 秀褒 (杢太夫)
明治14年生、26才で郡会議員。その後、大正期まで行政委員を歴任。 醒井村より国会議員であった江龍清雄(えりゅうすがお)の二女が嫁入り。明治政府の重鎮であった東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)との交流。東久世は一圓屋敷1階次の間に掲げられた扁額「対山軒」の筆者。明治24年、屋敷は茅葺きから瓦葺きへ。2階の増築。明治34年~40年頃、日本画家の内海吉堂(うつみきちどう)が滞在し、衝立や戸棚などに絵を描く。

昭和 1926年頃 11代 菊太郎 
    12代 六郎 現当主 

※一圓家譜面・滋賀大学経済学部附属史料館「一圓六郎家文書」約650点より、母利美和(京都女子大学教授)が調査。
※屋敷の普請についは、濱崎一志(滋賀県立大学教授)が調査。
※屋敷の絵画については、上野良信(滋賀県立琵琶湖文化館学芸員)が調査。
※名前は私的な名のり。(  )は公式な通称。




 

多賀「里の駅」の4年間

所有: NPO法人彦根景観フォーラム
運営: 多賀クラブ

平成19年 2007年 3月15日 12代一圓六郎氏より敷地・屋敷寄付の申し出

 

6月30日

NPO法人彦根景観フォーラム総会で受け入れの決定
平成20年 2008年 8月~3月

200年住宅助成事業(国土交通省)に採択


 

9月1日

多賀クラブ(多賀を元気にする有志の会)設立

  9月11日 所有権移転完了(一圓千鶴・淑両氏からNPO法人彦根景観フォーラムへ) 

  9月28日 第1回シンポジウム「多賀里の駅の目指すもの」

  11月1日 《野菜市&集い》開始(第1回)

  11月1日,12月6日,12月29日 実測調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    12月6日 《野菜市&集い》(第2回)
    12月25日~27日 古文書調査(京都女子大学母利研究室)
平成21年 2009年 1月7日 実測調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    1月10日~12月5日 《野菜市&集い》第3回~第14回(毎月第1土曜日に開催)
    5月20日 そば打ち体験(以後毎月20日に開催。農繁期は休み)
    7月~3月 地方の元気再生事業(国土交通省)に採択
    9月2日~9月4日 調度品調査(滋賀県立大学市川研究室、亀井研究室)
    9月5日 絵画調査(滋賀県立琵琶湖文化館)、美術工芸調査(滋賀県文化財保護課)
    9月4日~9月19日 建物調査(滋賀県立大学濱崎研究室)
    9月18日~10月5日 絵葉書調査(滋賀県立細馬研究室)
    10月3日 《野菜市&集い》第12回(滋賀大学山崎研究室)
平成22年 2010年 1月9日~12月4日 《野菜市&集い》第15回~第26回(毎月第1土曜日に開催)
    1月20日 そば打ち体験(以後毎月20日に開催。農繁期は休み)
    10月.31日~11月3日 湖東自立圏地域創造事業に採択。「一圓屋敷の屏風たち」企画展示
農家レストランプチOPEN
平成23年 2011年 1月8日~10月1日 《野菜市&集い》第27回~第36回(毎月第1土曜日に開催)
    1月20日 そば打ち体験(以後7月20日まで毎月20日開催。農繁期は休み)
    3月26日 MOHの会(安心安全な食を考える会)主催事業に屋敷と料理の提供
    7月16日 NPO法人彦根景観フォーラム総会で多賀町への寄付決定
    10月29日、30日、11月3日
湖東自立圏地域創造事業に採択。「古の道具展」企画展示和・カフェ(蕎麦ランチ、和スイーツ)

《集い》に出演して頂いた方々
(出演当時の役職)濱崎一志さん(滋賀県立大学教授)/(株)ふるさと総研の玉田さんとみなさん / 森小夜子さん(多賀植物観察の会)/加藤武さん(東びわこ農業共同組合多賀営農センター)/澤田典子さん(澤田製麩所)/滝喜代子さん(もと多賀小学校栄養士・学校給食担当)/山崎一眞さん(滋賀大学産業共同研究センター教授)/高橋進さん(ダイニックアストロパーク天究館館長)/ 細馬宏通さん(滋賀県立大学教授)/ 番場ふるさと味の会のみなさん/市川秀之さん(滋賀県立大学准教授)/ 滋賀雅楽会のみなさん /島野喜道さん(滋賀YMCA)/栗本泉さん(K農園・多賀クラブ)/ 山本豪一さん(和泉流狂言師 )/ 山本明美さん(多賀町商工会女性部長)/松宮忠夫さん(多賀町教育委員会教育長)/母利美和さん(京都女子大学教授)/一円重紀さん(手づくり紙芝居「ぴょんた」会員)/エコーメモリアル・チェンバーオーケストラのみなさん /中川信子さん(多賀植物観察の会代表・多賀クラブ)/ 小早川隆さん(多賀町立博物館館長)/宮戸有子さん(多賀在住のピアノ講師)/ 平松光三さん(彦根自然観察の会会長)/亀井若菜さん(滋賀県立大学准教授)/ 羽原仁志さん(妖怪研究家)


過去のツアー