目に見えないモノを見ることができるかもしれない旅をしませんか? 現世(うつしよ)と幽世(かくりよ)の狭間、湖東・湖北の伝承を追いかけ文化遺産を巡るTour に出かけませんか?「空(くう)の旅人舎」がご案内いたします。


★彦根ゴーストツアー「オコナイの章」無事終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。



■彦根ゴーストツアー
聖と邪の境界を巡る 「オコナイの章」 参加者募集は終了いたしました。


2014年3月8日(土)・9日(日)1泊2日・ お一人様18,000円(税込)・募集人数20名・最少催行人員15名

 「オコナイ」とは、村内の豊作と安全を祈願し、1月から3月にかけて繰り広げられる祭り(民俗宗教行事)のこと。とりわけ、琵琶湖の北部にあたる湖北地域と、湖から離れた内陸部の甲賀地域において盛んである。しかしながら、その由来や変遷を辿ることは現在では困難になっている。
 基本的には、御鏡をつくり神仏に供え、直会があり、次の年のトウヤ(頭屋・当屋・塔屋/「屋」を「家」とする場合もある)を決める。しかし、そのディテールは村々によって、御鏡の形状や供え方、つくりもの、神饌、注連縄(しめなわ)など全て、隣接する集落であったとしても、異なっている。
 今回のツアーでは、オコナイの研究家でもある中島誠一氏にナビゲーターをお願いし、「オコナイ」の基礎知識を学ぶと共に、ツアー2日目に東近江市妹のオコナイ(春祭り)を見学する。




(c) masaki sugihara / LIXIL Publising





ツアー行程予定
LinkIcon集合・解散場所 彦根駅東口

■1日目(3月8日・土曜日)貸し切りバスで移動)
彦根駅東口=(13:00集合・13:15出発)→聖と邪の境界を巡る(ナビゲーター中島誠一氏)→(17:30)多賀一圓屋敷(夕食) ・夕食後、中島誠一氏による「近江のオコナイ」についてのお話(20:30)(20:40発)→(21:00着)ホテルサンルート彦根着


■2日目(3月9日・日曜日)
ホテルサンルート彦根(6:00発)→(6:15着)清凉寺(座禅・作務・朝食)(9:00発)→(9:40着)東近江市妹「オコナイ見学」(12:00発)→(12:20着)岡村本家遊亀亭(犬上郡豊郷町)昼食・昼食後、旭堂南海師の講談(14:30)→酒蔵見学(15:30発)→(16:10着)彦根駅東口解散

LinkIcon詳しくは、Images of the tour






3月8日(土)・9日(日)ナビゲーター

中島誠一氏

1950年長崎県佐世保市生まれ。佛教大学大学院修士課程文学研究科日本史学専攻修了。長浜城博物館館長、長浜曳山博物館館長を歴任。近江をはじめとする西日本のオコナイや滋賀県の民俗芸能、祭礼に関する企画展や論文、講演など多岐にわたり、滋賀県を中心に祭礼や年中行事の調査を行っている。共著『近江の祭りを歩く 近江旅の本』(近江文化社)、『神々の酒肴 湖国の神饌』(思文閣出版)、『オコナイ 湖国・祭りのかたち 』(INAX BOOKLET)など多数。



3月9日(日)ゲストスピーカー

旭堂南海師

1964年 生まれ。上方講談師。兵庫県加古川市出身。大阪大学文学部で国文学を専攻。大衆芸能に興味を持ち、落語、浪曲、最後に講談にたどりつく。
在学中に出会った、3代目旭堂南陵に1989年に入門。現在、上方講談協会会員。「南海」という名は師匠3代目南陵の由緒ある前座名。当代は2代目にあたる。大阪大学時代には妖怪や漂泊の芸能に興味を抱き、歴史と民族学を学ぶ。
1998年 「咲くやこの花賞」を受賞





・この旅行はモニターツアーのため、アンケート等ご協力をいただく場合もございます。
・天候その他の事由により、行程やゲストスピーカー、その他の変更が生じることにご了承願います。
・添乗員は同行しませんが、ゴーストツアースタッフがご案内を致します。
・ご旅行のお申し込み後、最少催行人員に達してツアー催行が決定して時点で最終旅行日程表及び請求書を 郵送させていただきます。
・お客様から頂戴した個人情報については、当社公人情報保護方針に則り、厳正に取り扱います。
・詳しい旅行条件書をご用意しておりますので、事前にご確認の上お申し込みください。

旅行条件の要約



企画・実施
近江屋ツアーセンター
滋賀県知事登録旅行業2-68号 旅行業務取扱管理者 田渕正人
〒522-0071 滋賀県彦根市元町4-1 滋賀県湖東合同庁舎1階
tel.0749-23-0038/fax.0749-23-4038

お問合わせ
空の旅人舎
〒522-0064 滋賀県彦根市本町2-3-3
tel. 0749-24-8781(空の旅人舎 杉原)

彦根市誘客ツアー催行事業 主催 近江屋ツアーセンター・協力 滋賀大学経済学部/空の旅人舎


過去のツアー